ビジネスで使える英語挨拶のポイントと例文集!好印象を与える秘訣

英語のビジネスシーンでの挨拶

みなさんは英語での挨拶がスムーズに出来ますか?

英語のビジネスシーンではいかに挨拶を上手くやった上で好印象を残して良い第一印象を残させるのかが重要です。

今回は、様々なシーンごとの挨拶のポイントと例文を紹介します。

英語で挨拶をする上で重要なポイントは?

自己紹介で自分のことをしっかりと伝える

日本語と同じように最初に自己紹介でどの程度自分のことを理解してもらうかで、その後の言葉がどれくらい伝わるのかが左右されます。

自信を持って英語で話す

日本人に多いのが、英語はしっかりと話せているにも関わらず自信がないせいで伝わらないということです。

たとえ、文法や単語を間違えようともコミュニケーションは「伝えること」が大切です。

自信を持って挨拶をすることで自分の自己紹介や挨拶が上手く相手に伝わるようにして下さい。

自信を持って英語で話すことで、ビジネスマンとしての信頼にも繋がるでしょう。

ボディランゲージを活用する

海外では日本と違って、握手やハグといったようなボディランゲージが良く使われます。

そういったボディランゲージを英語の挨拶で上手く活用することで関係を深めることが出来ます。

たとえば、商談が終わった後や最初の挨拶で少し握手をするだけで好印象を与えて上手く関係性を作ることが出来ます。

相手の目を見て話す

日本語と同じように英語で話すときも相手の目を見て話すようにしましょう。