ビジネス英語を上達させるのにオススメの本・参考書

Contents

ビジネス英語を伸ばす本

ビジネス英会話、ビジネスメール、会議などで上手く英語を使いこなすのにどういう勉強をしていますか?

TOEICやTOEFLなどは多くの参考書情報があるのですが、ビジネス英語では以外と情報が少ないです。

それは、日本人で英語を使ってビジネスを使っている人が圧倒的に少ないのが理由だと思います。

しかし、だからこそ、良い参考書を活用して学ぶことで、他のグローバルなビジネスマンに差をつけることが出来ます。

 

ビジネス英会話を伸ばすための本

まず、最初に紹介するのはビジネス英会話の力を伸ばすための本です。

海外で仕事をする上で英会話の能力は打ち合わせだけではなく、ビジネスパートナーとの関係構築にも関係してきます。

スムーズなビジネス英会話力を身に着けることで上手くコミュニケーションを取りながら強いネットワークを作ることが出来ます。

英語は3語で伝わります【ドンドン話せる練習英文100】(中山 裕木子)

ビジネスで1番よく使う英会話 (松井 こずえ)

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける(村上 憲郎)

 

英語でのビジネスメールを伸ばすための本

次に紹介するのが英語でのビジネスメールを伸ばすための本です。

ビジネス英語を学ぶ人の中には英会話などスピーキングはしないが、海外の部署とメールのやりとりがあるという方が多いのではないでしょうか?

そういった方は、まず英語で使われる表現やおさえるべきポイントから抑えることでスムーズなメールのやりとりが出来るようになります。

会話もメールもえいごは3語で伝わります(中山 裕木子)

英文ビジネスEメール 実例・表現1200 (Z会編集部)

ビジネスがはかどる! 英文Eメールハンドブック(浅場 眞紀子)

 

ビジネス英語の単語力を強化するための本

専門的な英語のやりとりをする上で重要になるのが単語力です。

TOEICや日常会話で学ぶ単語だけではなく、ビジネスでは頻出の単語が多くあります。

そういった単語や表現を抑えることでビジネス英語でも単語からしっかり理解することが出来るようになります。

ドクター・ヴァンスの ビジネス・プロフェッショナルが使うパワー英単語100(ウィリアム A. ヴァンス)

速読速聴・英単語 Business 1200(松本 茂)

TOEIC TESTビジネス英単語 Lite (成重 寿)

 

様々な業界での単語力を強化するための本

ITや製造業のように特殊な業界で働いている場合、その業界での頻出の英単語を学ぶ必要があります。

ここでは、業界に特化して良く使われる単語やその業界の背景知識などを学ぶことが出来る本を紹介します。

IT業界の英語を身に着ける本

ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30(板垣 政樹)

ITエンジニアのための場面別英会話&キーフレーズ(細谷竜一)

製造業での英語を身に着ける本

世界中で通じる! 製造現場の英語(デイビッド・A・セイン)

イラストで覚える生産現場の英語(松崎 久純)

観光業での英語を身に着ける本

ゼロからスタート英語ボランティア 観光ガイド編(川本 佐奈恵)

 

ビジネス英語のライティング力を強化するための本

メールだけではなく、資料などを作る上で高いライティングスキルをつけることは重要です。

伝えたい内容を的確に伝える英文ライティングの力をつけることが出来ます。

ネイティブに伝わるビジネス英語の書き方(デイビッド・セイン)

ネイティヴチェックで鍛える ビジネス英文ライティング (デイヴィッド・セイン)

 

ビジネス英文契約書を読む、書く力を見つけるための本

実際に海外での営業や法務をする上で契約書を読む。書く力は必須です。

海外では契約意識が強く、そこを軽んじると騙されてしまうことが多いです。

しっかりと契約書を読んで不利な契約を結ばないための英語力を身に着けてください。

英文契約書の基礎知識(宮野 準治)

英文契約書の基本表現―契約書が楽に読めるようになる(牧野 和夫)

ニューヨーク州弁護士が教える 英文契約書の基礎(松崎 謙)

 

英語のプレゼン力を強化するための本

海外の企業や人にプレゼンテーションをする人は英語特有のプレゼンスキルを付ける必要があります。

基本的には日本語もプレゼンの基本は変わらないのですが、英語を使い、いかにそれをもっと高めるかが学べます。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン(カーマイン・ガロ)

英語で説明する全技術(齋藤浩史)

外資系コンサルが実践している 英語ファシリテーションの技術(太田 信之)

 

ビジネス英語でのニュアンスやマナーを身に着けるための本

外国では日本とはマナーや文化などが違います。さらに表現のニュアンスまでレベルが高いとつかみ取る必要があります。

実際の事例や文例を元に敬語などのニュアンスや、英語での発想やニュアンスが紹介されています。

ビジネス英語の敬語 微妙なニュアンスを英語で伝える 状況に応じたレベル別丁寧表現(浅見 ベートーベン)

1問1答 英語の発想(ニュアンス)がズバリわかる本 (小池 直己)

 

英文履歴書を書くための本

海外で就職を考える人は履歴書を書かなくてはいけないのではないでしょうか?

英文履歴書は日本語とは異なり、フォーマットも、書く上でのポイントも大きく異なります。

日本語と同じような履歴書を書いてしまうと、海外の企業には上手く自分の魅力が伝わらず

選考で落ちてしまうかもしれません。

しっかりポイントを抑えて選考で通る履歴書を作りましょう。

英文履歴書の書き方Ver.3.0(有元 美津世)

ひと目でわかる英文契約書(野口幸雄)

最後に

いかがでしたか?皆さんの学びたい英語に合った参考書は見つかりましたか?

自分のビジネスで伸ばしたい英語のポイントを明確化した上でそれに合わせて参考書や本を選ぶことが大切です。

ビジネス英語で使える実践的な英単語、表現を身に着けた上で世界で活躍出来るビジネスマンになりましょう。