英語メールを締める「結び言葉」の表現集~好印象を与える丁寧な結び言葉の使い方~

2019年1月30日

英語メールを締める「結び言葉」とは?

皆さんはビジネスなどでメールを送るときに最後の「結び言葉」は意識していますか?

結び言葉はメールの最後に書く、文章を締める言葉です。

たとえば日本語だと

  • 時節柄くれぐれもご自愛くださいませ
  • ご多幸をお祈り申し上げます
  • お健やかにお過ごしくださいませ

のようなものが英語でいう結び言葉にあたります。

上手く英文メールで結び言葉をメールを送る相手や場面で使いこなせば、一味違うメールが送れるでしょう。

相手や場面で使い分ける「結び言葉」

英語では、日本語と同じようにそのメールのフォーマルさ、カジュアルさなどの場面。

そして、どのような相手に送るかでどの結び言葉を使うかを決めます。

フォーマルな結び言葉

まずは、ビジネスでクライアントや上司などに使うようなフォーマルな結び言葉から紹介します。

友人に使うには固すぎますが、ビジネスで使うとしっかりと礼儀をわきまえた印象を与えることが出来るでしょう。

Sincerely

Sincerely yours

上の2つは解くにフォーマルな表現です。

カジュアルな結び言葉

次に紹介するのは、同僚や関係性の近いビジネスパートナーに使うようなカジュアルな結び言葉です。

フォーマルな表現を使わずに、あえて関係性の近い人にはこのような結び言葉を使うことで、上手く親近感を生み出すことが出来るでしょう。

ビジネスだけではなく友人などにも使うことが多いです。

Regards,

Best wishes,

Best,

 

インフォーマルな結び言葉

仲の良い友人や家族にはインフォーマルな結び言葉を使うのが良いでしょう。

ビジネスでも特に関係性が強い場合はインフォーマルな結び言葉をメールで使うこともあります。

Thank you

I look forward to seeing you

See you soon

Keep in touch

 

最後に

どうでしたか?皆さんはいくつの結び言葉をしっていましたか?

メールを送るときに相手との関係性やそのときの場面を元にどの結び言葉を使うべきかを考えてみてください。

最初は、すぐに出てこないのですが、繰り返し使い続けることでそのときに合わせた結び言葉が自然に出てくるようになります。

結び言葉をマスターしてもっと深いメールでのコミュニケーションを可能にしてみてください。