Thank you for sendingの意味と例文!「送ってくれてありがとう」とお礼を伝える英語表現

2020年2月6日

Thank you for sendingの意味は?

Thank you for sendingの意味は文章通り「送ってくれてありがとうございました。」です。

使うシーンとしてはメールを送ってくれた時。仕事で使うファイルを送ってくれたときなど何かを送ってくれた時に使うことが出来ます。

長く、Thank you for sending this e-mail. Thank you for sending this file.というように書くよりはThank you for the e-mail. Thank for the file.というようにシンプルにした方が相手がしてくれたことへの感謝の気持ちを上手く伝えることが出来るでしょう。

Thank you, Thanks, Thank you so much:ありがとう

前半のThank youは「ありがとう」という意味です。

この言葉は世界中でお礼を伝えるのに使われます。

この文章では「for」以降のことをしてくれたことに対する感謝の気持ちを伝えています。

Thank youはビジネス、旅での会話、友達との会話などどのような場面でも日常的に使われます。

Thanksが一番カジュアルな表現で、Thank you so muchが丁寧な伝え方、そしてThank youはその中間くらいなので、その会話がどういうシーンなのかで、どの表現を使うのかを決めてみても良いのではないでしょうか。

for sending:送ってくれて

for sendingはsendが「送る」なので、「送ってくれて」という意味です。

sendの後に持ってくる単語で様々な表現が出来ます。たとえば、ビジネスだとメールを送ってくれた事に対するお礼や、何かしらのデータやファイルを送ってくれたお礼を伝えるときに使えます。

私生活だと、プレゼントを送ってくれた時や手紙を送ってくれた時のお礼を伝えるときに使う事ができます。

たとえば

  • for sending the e-mail:eメールを送ってくれて
  • for sending the data:データを送ってくれて
  • for sending the file:ファイルを送ってくれて
  • for sending the invitation:招待状を送ってくれて
  • for sending the document:資料を送ってくれて

といったような形です。

他のお礼の気持ちを伝える他の表現

thank you for your sending

メールなどでファイルや画像を送った場合、返事するときは何を送ってくれたのかが明確です。なので、目的語を省略した表現を使うこともできます。

ただ、sending the emailかfileか何に対してお礼をいいたいのかが曖昧なので、それを具体的にするために目的後を入れたほうがより良いです。

ただ、省略した方がシンプルなので、カジュアルな同僚や友人なら、この表現にしても問題はないです。

thanks for sending it

こちらも同じくitの代名詞を使って表現するパターンです。

thank you for mailing

送ってもらったファイルや資料ではなく、それも含めたメールにたいしてお礼を伝えるのがこの表現です。

伝わる意味自体は大きくは変わらないですが、こういう表現もあるということを覚えておけばいいかと思います。

thank you for sending us

最後は、自分ではなく、メールに入っている人や自分と同じ組織など複数の人たちに送ってくれたことに対してお礼を言いたい場合はsending usとすることで、私たちに送ってくれてありがとうと表現することが出来るでしょう。

最後に

どうでしたか?

日々過ごしてやり取りする中での感謝の言葉と、ビジネスなどでよくやりとりする「送る」という表現を組み合わせて

様々なものを送ってくれたときのお礼を伝えることが出来るようになりましょう。

Thank you for sending the dataだけではなく、forの後の動詞や名詞を変えるだけで

様々な感謝の表現が出来るようになります。