経験者が語るボストンキャリアフォーラム攻略法〜就活・インターン内定を取って勝ち組になるための必勝法

ボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)とは

ボストンキャリアフォーラムとは日本と英語が話せるバイリンガルのグローバル人材のための世界最大の就活イベント(キャリアフォーラム)です。

毎年世界中から留学生や現地の大学に通っている学生達が集まり、内定獲得のために面接や様々なテストを三日間受けます。

日程

日程は毎年異なりますが、例年11月の第2週の金曜日から日曜日の3日間開催されています。日程についてはしっかりと事前に確認した上で参加する年の日程をチェックしてみてください。

金曜日から日曜日の3日間開催され、その期間で説明会、面接、テストなどが繰り広げられます。たまにイベント後にも選考があり内定が出るケースもありますが、多くの企業で開催期間の3日間で内定がでます。

  • 2018年11月9日(金)- 11日(日)
 ※2019年度の日程についてはまだ発表されていません。

開催場所

  • 施設名:Hynes Convention Center
  • 住所:900 Boylston St, Boston, MA 02115

参加資格

参加は決して、海外の留学生や海外の学生である必要はなく、元々海外経験(帰国子女など)があったり、留学に行って日本にすでに戻っていても参加して選考を受けることが可能です。

普通の選考よりもしっかりと海外経験や語学を評価してくれて、そのルートで入った方が海外系の部署に配属される可能性が高まるという話もあるので、就職活動をしている、考えているグローバル人材の学生の皆さんは参加してみてもいいでしょう。

  • 日本国外の大学の学士又はそれ以上(修士、博士等)の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
  • 1年以上の交換留学経験をお持ちの方で日本の学士又はそれ以上の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
  • 留学経験をお持ちの職務経験者や海外での職務経験をお持ちの方

時間、タイムテーブル

時間やタイムテーブルは開催期間の最初の2日と後の1日で異なります。

イベントは2018年の11月9日午前9時に開始され、2018年11月11日の午後3時の終了時間までの3日間開催されます。

  • 2018年11月9日(金)・10日(土)
    • 9:00AM:イベントの開始時間です。フォーラムのイベント会場が開場されて入場が開始されます。
    • 5:00PM:受付が終了します。この時間を過ぎてしまうとイベントへの参加が出来ません。
    • 6:00PM:企業が出展しているブースがクローズされます。すでにインタビューが決まっている人はこの後も残ってインタビューが続けられます。
    • 7:00PM:インタビュールームが終了してインタビューも終了してます。つまり、この時間が各日程の終了時間です。
  • 2018年11月11日(日)
    • 9:00AM:受付開始、フォーラム開場
    • 12:00PM:受付終了
    • 3:00PM:フォーラム閉場(イベント完全終了)

参加企業は?

参加企業は毎年異なりますが、年度によって違います。

今までの参加企業から主要な企業を下にまとめています。

今回まとめているのは主要で頻繁に参加している有名企業ですが、これ以外にも多くの企業が毎年参加しています。

  • 外資系企業

    • マッキンゼーアンドカンパニー
    • ATカーニー
    • KPMG
    • PWC
    • ゴールドマンサックス
    • シティグループ
    • デロイト
    • メリルリンチ
    • バークレイズ
    • ベインアンドカンパニー
    • BCG(ボストンコンサルティンググループ)
  • メーカー

    • P&G
    • NEC
    • ソニー
    • グリコ
    • コナミ
    • 資生堂
    • 花王
    • 大阪ガス
    • ニコン
    • 日立製作所
  • 金融機関

    • 日本銀行
    • 三菱東京UFJ
    • みずほグループ
    • 三井住友銀行
    • SMBC日興証券
  • 商社/広告代理店

    • 三菱商事
    • 三井物産
    • 双日
    • 博報堂
    • ADK
  • 日系IT企業

    • 野村総合研究所
    • リクルート
    • LINE
    • 楽天
    • ソフトバンク
    • NTTデータ
    • トランスコスモス
  • 外資系IT企業

    • アップル
    • ツイッター
    • indeed
    • IBM
    • Amazon
    • セールスフォース

BCF参加のために必ず注意すべきポイント

事前応募の企業へは早めに応募しておく

イベント期間中の応募が可能な企業がほとんどですが、一部の企業(特に人気のトップ企業)では事前応募を必ず必要としている企業があります。

実際にイベントの前(約1ヶ月前)に受けたい企業の事前応募の有無を確認した上で事前応募が必要な場合は必ず応募を済ませておくようにしてください。

航空券は少しでも早く予約する

航空券は飛行機で来る場合直前だと値段が高くなり、かつ、場合によってはフライトがなくなってしまう場合があります。

実際に準備をして応募をしても当日会場に行けなければ元も子もないので、なるべく把握航空券を予約しておいてください。

ホテルは参加が決まった時点で予約する

ホテルも直前には近くのアクセスが良いホテルはほとんど埋まってしまいます。イベントの参加が決まったタイミングで会場からのアクセスが良い近くのホテルを予約しておいてください。

イベント後にディナーという名の最終選考がある企業が多く、そのディナーは会場の近くで実施されることが多いため、なるべく会場からすぐにアクセスできる範囲でホテルを予約したほうが良いです。

一流企業からの内定獲得のための攻略法

入りたい企業が事前応募をしている場合は必ず申し込む

ボストンキャリアフォーラムの内定は先着順で枠が埋まっていきます。事前応募者の中から優秀な学生はイベント前日に裏選考が催されて、一般の選考枠よりも先に内定が見えないところで決まってしまっているという事実があります。

年によっては事前応募である程度優秀な学生が採用出来てしまった場合、本番ではほとんど採用枠が設けられずに、かなり狭き門を多くの学生と取り合うということになります。

そこを注意して入りたい企業にはしっかりと準備した履歴書やエッセイを送った上で事前応募をしてください。

日本語と英語両方での面接の準備をする

イベントはグローバルでの採用イベントですが、面接は英語で行われるとは限らず、中には採用担当が日本語しか話せないという場合もあります。

英語だけで面接の練習や準備をするわけではなく、日本語でもしっかり準備をした上で、どういう言語でどういう面接官とのインタビューがあっても切り抜けられる準備をしておいてください。

面接でのアピールポイントとその根拠、ストーリーを準備する

面接は英語にしても日本語にしても、自分自身をアピールする要素とそれを裏付けるスキルや経験などの根拠。そしてそれを納得させるストーリーが必要です。

どれだけ有名な一流企業を出ていて頭が良くてもそういった準備を怠ったことで魅力を伝えることが出来ずに内定を勝ち取れない学生が毎年多くいます。

そうなってしまわないように、事前に内容を準備した上でどういう風に聞かれても回答がスムーズにできるようにしておいてください。

この内容については英語でも日本語でも本質は変わらないためロジカルな面接の準備をした上で、それを伝えるワードを日本語と英語の両方で準備するのがいいでしょう。

事前にレジュメとエッセイは作った上で他の人に添削してもらう

トップ企業で実施される事前選考ではレジュメやエッセイの提出が必要なケースがかなり多いです。なるべく早いタイミングで練習をした上で企業ごとのテーマのものを作る。

それをしっかりと就活や論文のプロに診てもらって添削してもらった上でクオリティを上げて提出をしてください。

ほとんどの学生が第三者によるレビューをした上でのレジュメやエッセイを出します。

特に行きたい企業は事前にその企業や業界の研究をしておく

選考の期間に受けた学生のスキルだけではなく、その準備やスタンスまでを見る企業がほとんどです。それを試す上で自社やその業界への理解を試すということはどこの企業もやろうとすることが多いです。

特に行きたい企業やその業界については必ず面接やディナーで詳細な質問をされて試させるので、事前に研究した上でイベントに挑んだほうがいいです。

内定までの流れ

ボストンキャリアフォーラムで企業を受けるには二つの方法があります。

一つはイベントに来る前に応募した上で幾つかの選考のステップをイベントまでに終わらせた上で3日間で実際の面接などを受けて内定を貰うパターン。もう一つが事前に受けずに当日選考に応募した上でその3日間で内定を貰うパターンです。

どちらも最終選考のような形でディナーの場があり、そこでOKだった場合に内定が出ます。その場で内定が出る企業もあれば、中にはイベント終了後に結果がくる企業もあります。

 

事前応募の場合の内定までの流れ

公式サイトで事前に参加企業の応募フォームがあり、2ヶ月前から募集しているので、そこで応募をした上で選考を進めます。履歴書やエッセイなどは事前に求められるため、先に準備をしておいた上で選考に応募することになります。

必ずしも全員がボスキャリでの選考の機会を得ることが出来る訳ではなく、事前選考で落ちてしまう人もいて、そういう人たちはイベントの中での該当企業の選考は受けることが出来ません。

  1. 9月頃から出展企業の募集ページを確認
  2. 事前エントリー
  3. ES(エントリーシート)提出、Webテスト
  4. Skypeなどでの事前面接
  5. イベントインタビューブースでの面接
  6. ディナー
  7. 内定

当日受付(ウォークイン)からの内定の流れ

もう一つはイベント中で企業ブースを回って履歴書を提出して応募するパターンです。実際にこの方法で選考を受ける場合は事前に履歴書を準備した上で配ることが出来るようにしておく必要があります。

  1. ボスキャリ当日に企業ブースを回る
  2. 企業ブースに自分の履歴書を配る
  3. 履歴書を見た企業から連絡を受ける
  4. 面接
  5. ディナー
  6. 内定

ボストンキャリアフォーラムの内定率

内定率については公開されていません。毎年参加する企業数も異なり、それぞれの企業の採用枠も異なっていきます。さらには、枠が埋まらなくても良い人がいなければ採用しないという企業もあるため、内定率の算出が難しいようです。

ただ、体験者の話を聞くところだとほとんどの企業でイベントの3日間で内定が出る。有名な大学の出身で、コミュニケーション能力やスキルがある程度あれば1社以上の内定はもらっている。トップ層は複数の企業の内定をもらっている人が多いようです。

ボスキャリの持ち物

  • 入場チケット
    • これを忘れてしまうとイベント会場に入ることが出来ません。事前に応募してもらった入場チケットを必ず準備して当日持ってきてください。
  • 履歴書
    • ほとんどの企業で履歴書のイベント期間中の提出が必要です。ファイルではなく、紙の状態で企業に提出できる状態にした上でしっかりと余裕を持ってたくさん印刷して持参してください。
  • 携帯電話
    • 選考の結果などほとんどのやり取りはメールと電話で行われます。その連絡がつかなかった場合選考の情報が得られないということもあるので、必ず連絡が取れる手段を準備しておいてください。
  • PC
    • 選考の中で必ず履歴書を修正したりエッセイを修正する必要があります。何かあった時に自分の使い慣れているPCで編集や調査ができるようにPCを持参してください
  • 手帳、筆記用具
    • いろいろと情報を集めたりする上で手帳と筆記用具はかなり役に立ちます。使うかわからない人も念のために持参した上で準備しておくことをお勧めします。

ボスキャリの期間に宿泊するホテル、宿泊施設

宿泊施設を予約する期間

宿泊期間はイベント前日にチェックインした上で、チェックアウトは翌日か、出来れば2日後ぐらいまでの期間を予約したほうがいいです。

イベント前日に事前応募をした企業の選考が入れられることがしばしばあるのと、企業によってはイベントの翌日や翌々日に何かしらの面談やインタビューの場を設けることがあります。

Expediaで予約すればほとんどのホテルで事前に前もってキャンセルや変更をすれば特に手数料はかからずに変更出来ることが多いため、長めの期間を抑えた上で必要に応じて期間を変更するのがいいでしょう。

 

宿泊場所の選び方

イベントだけではなくディナーなど会場とは違う場所での会に参加する必要もありますが、ほとんどは会場から徒歩圏内で実施されるため、なるべく会場から近いところを予約したほうがいいでしょう。

ボストンはタクシーも簡単に見つかるため、その圏内でもいいですが、なるべくアクセスしやすく疲れやストレスをなくさないため、なるべく徒歩圏内にしたほうがいいでしょう。

 

宿泊施設の探し方

下記からイベント期間中の会場になっているコンベンションホール近くのホテルを調べることが出来ます。

会場の近く、インターネット完備、オススメの宿泊期間、キャンセル無料という条件でホテルをリストアップしたExpediaの検索結果を下に張っておいたのでそこから探してみてください。

Expedia経由でネットで予約が可能で、かつ掲載されている宿泊施設は問題があるところが少なく、レビューも見れるため、オススメです。

  • ホテル一覧(イベント会場周辺&キャンセル無料&インターネット完備)

ホテル予約はこちら

内定獲得者の体験談

ボスキャリの内定獲得者の体験談は別の記事で紹介しています。

まとめ

どうでしたか?一生の人生を決めかねない最初の就職先。留学経験者や帰国子女の皆さんは日本で学んでいる学生よりは語学力や海外経験という点で一歩リードしています。

ボスキャリはそういった優秀な学生が短期間で優良企業の内定を獲得することができる素晴らしい機会です。

しっかりと事前に準備をした上で万全の状態でイベント当日を迎えて入りたい企業の内定を勝ち取ってください!

参考書より安くGMAT動画学習コンテンツを見る方法

オススメなのがUdemyというシリコンバレーのサービスです。
様々な国のGMAT講師の動画コンテンツをかなり安い金額で購入することが出来ます。

コンテンツは現状英語しかないですが、日本以外の国のGMAT学習者の多くはUdemyのコンテンツで学んでいます。
実際の試験は英語ですし、一石二鳥なので、英語で学ぶのがオススメです。

GMATで700点を越えている講師のレクチャーや、GMATの公式機関が出している動画コンテンツも安くGET出来ます。
全ての動画は30日間の返金保証が付いているので購入して思ったコンテンツと違う場合でも大丈夫です。

Udemy 動画コンテンツ一覧(GMAT)



留学

Posted by english-park