英語パンダ
純ジャパ独学でTOEIC満点取得。 独学勉強法にはこだわりを持ち、大学受験では偏差値40から有名大学へ自力合格。 大学卒業後、某上場企業へ入社し、海外駐在を経て子会社代表に30代で就任。
オンライン英会話

TOEFL・IELTS対策におすすめのオンライン英会話!徹底比較人気ランキング

大学や大学院留学で必要となる英語試験がTOEFL・IELTSです。

必要とされるスコアが取れなければ、志望校へ留学するどころか、受験資格さえ得る事が出来ません。

スピーキングやライティング能力も必要とされるため、TOEICのようなテスト対策だけでは高得点を取る事が出来ません。

ハイスコアを取得するためにはしっかり英語の基礎力を付けた上で英語の総合力をバランスよく伸ばし、テスト対策を行う必要があります。

そんな難関英語資格TOEFL・IELTSでハイスコアを取得するためのおすすめオンライン英会話を本日は紹介していきます。

オンライン英会話がTOEFL・IELTS対策でおすすめな理由

英語力を高めるために重要なのが英語の音と触れる回数を増やして英語音を自分のモノにする事です。

そのためには英語の問題を解いているだけでは不十分で、英語の音声を聞いて理解し、その場で自分の口から英語を発する必要があります。

そのやりとりを一方向ではなく、双方向に高速で繰り返す事で英語が自分の中に沁み込んでいき、本質的な英語力になっていきます。

勿論、参考書や試験問題でも英語には触れることは出来ますが、あくまで一方向になるので生の英語に触れる事が出来ません。

勿論、英語を使う機会を増やすという意味だと英会話カフェや英会話スクールでも良いのではと感じるかもしれません。

勿論、重視するポイントによっては英会話カフェやスクールが良いケースもありますが、英会話カフェだと試験能力向上に繋がらない日常会話で終わる事が多く、スクールの場合はオンライン英会話よりも効果であることが殆どです。

安く、生の英語に触れて、英語の実践を積んで英語力を伸ばせるのがTOEFL・IELTS対策でオンライン英会話を活用するべき理由です。

TOEFL・IELTSスコアを伸ばせるオンライン英会話の選び方

TOEFL・IELTSコースがあるオンライン英会話を選ぶ

一番重要なポイントがTOEFL・IELTS特化コースがあるオンライン英会話を選ぶ事です。

特化コースがないと、試験対策が出来ないので、日常会話や一般的な会話は出来ますが、スコアアップに直接繋がる英会話が出来ません。

特化コースがある場合は、レベルに合わせて例題を使ってスピーキングの練習や、そこから派生した英会話が出来ます。

特にTOEFL・IELTSは日常会話ではなく、専門性の高い英語なので、そのレベルにあったコースを受ける必要があります。

受ける試験にあった英語講師がいるオンライン英会話を選ぶ

以外と見落とされがちなのが講師の話す英語のタイプです。

具体的にはイギリス英語、アメリカ英語どちらの講師が多いかが重要です。

なぜならIELTSは基本的にはイギリス英語なので、英国の発音に慣れなければ内容を聞き取るのに苦戦します。

日本の学校教育は基本的にアメリカ英語なのでIELTSスコアメイクで苦戦する人が多いのは、それが理由です。

フィリピンのような発展途上国だとしても、アフリカだとイギリス英語よりだったり、フィリピンだとアメリカ英語よりだったり、実は国によってどちらか異なります。

逆にTOEFLを受ける場合は一般的なアメリカ英語がメインなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

学習にお金を使える場合はアメリカ人、イギリス人のようなネイティブがいるオンライン英会話を活用するのがベストですが、予算を抑えたいならフィリピン人などが講師のオンライン英会話でも問題ありません。

講師のTOEFL・IELTSスコアを確認して選ぶ

TOEFL・IELTSスコアを伸ばす上で講師が高得点を取得している事はとても大切です。

殆どのオンライン会話では講師のプロフィールで保有資格やスコアが見れるので、十分なTOEFL・IELTSスコアを講師が保有しているかを見極めて下さい。

TOEFLだと出来れば110以上、最低でも100点以上。そして、IELTSだと出来れば7.5以上、最低でも7.0以上のOAスコアを保有している講師を選ぶのがオススメです。

他の学習方法と併用してスコアアップを目指す

ハイスコアを取るためにはオンライン英会話で英語のアウトプットを増やしながら、他の学習も併用する必要があります。

お金を掛けれる場合は英語コーチング+参考書+過去問がオススメですし、お金をかけられないなら参考書+過去問でも何とかなります。

ただ、コーチングを活用しない場合は自分自身で学習プランを立て、進捗管理をする必要があります。

TOEFL・IELTSスコアアップのためのコーチング活用については別記事で紹介しています。

TOEFLコーチングスクール徹底比較!留学に間に合う短期集中型おすすめスクール

TOEFL・IELTS対策におすすめのオンライン英会話

Mytutor:専門インストラクターのIELTS特化カリキュラム

「mytutor ielts」の画像検索結果

一番オススメなのが、Mytutorです。MytutorはIELTS特訓コースというものを提供しており、講師の質も専門のインストラクターなので他のサービスに比べて圧倒的に高かったです。

カリキュラムも体系立てられており、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、それぞれ基礎講座を受けた上で、頻出の問題形式の実践問題を解いていくというカリキュラムです。

費用はAcademicだと25分1レッスンの50レッスン分で29800円で、100レッスン分だと49,800円です。確かに、他のオンライン英会話より値段は高かったのですが、短期集中で質の高い授業を受けたいのと、いくら高いといっても予備校をよりは遥かにリーズナブルなので複数検討した上で自分はMytutorを中心に勉強しました。

購入したレッスンはスピーキング、リスニング、ライティング、リーディングどれにも使えるので、自分はライティングが一番多く、スピーキングを二番目に多く受講しました。リスニングとリーディングは何度か受講したのですが、自分で参考書を解く方が効率がいいと思ったので、途中からは完全にスピーキングとリスニングに絞りました。

100レッスンのプランに申し込み、週3回のレッスンを半年ほど受講しました。試験直前は週4-5回ほど受講していました。支払額でいうと高価に見えるのですが、月に直すと、5000円ほどなので、実際は他のオンライン英会話とも大差はなかったです。

問題量も他のサービスに比べて豊富だったので、半年間学んでも、問題が足りなくなるということは全くなかったです。 

https://www.mytutor-jpn.com/ielts.html

PlusOnePoint:ポイント制で学べるIELTS特化のオンライン予備校

「plusonepoint」の画像検索結果

オーストラリアのゴールドコーストにあるIELTS特化の予備校がPlusPointOneです。講師は全員がOverall8.0を越えた講師陣で、中には9.0の講師もいるスクールです。

様々な学習プランを提供しており、短期集中型講座受け放題のプランや、ポイント制で好きな授業が受けられるプランなどがあります。

授業もプライベートレッスン、最大3人の小規模レッスン、添削サービスなど、様々なレッスンがあるので、自分に合わせた授業が受けやすいのがポイントです。

こちらの予備校はインターネットでもYoutube、TwitterなどでIELTS関連の有益な情報を提供しています。そこで授業の様子なども見ることが出来ます。

学習管理や授業の予約も自社のサイトで出来るので、かなり使いやすいです。

MAE:IELTSハイスコアラーの日英バイリンガルによる専門講義

「メトロポリタンアカデミーイングリッシュ」の画像検索結果

カナダのトロントにある英会話学校のIELTS特化授業がオンラインで受けれるのがMetropolitan Academy of English (MAE)です。講師はIELTSで7.5-9.0を取得するハイスコアラーで日英ネイティブなので、授業の質だと圧倒的に高いです。

それぞれの人のレベルや傾向を元に学習のコーチングもしてくれることが出来て、無料カウンセリングと体験レッスンを受けたのですが、かなり質の高い授業でした。

正直、MAEで自分も学びたかったのですが、価格が他よりも圧倒的に高いため、泣く泣くMytutorにしました。費用は回数やプランによって違うのですが、一回1時間レッスンの42回コースだと、なんと149,800円もします。

Mytutorだと30分レッスンが100回で49,800なのでMAEだとMytutorの三倍ほどの費用がかかります。

自分はMBA受験だったので、学費やGMATやエッセイなど他の対策にもかなりお金が必要なので、泣く泣くMytutorにしました。

金に糸目をつけないという方はMAEで集中してIELTS対策をするのもいいかもしれません。

https://www.maetoronto.com/japanese-1/courses-fees/ielts-prep/

DMM英会話:ケンブリッジの参考書を用いた学習

「dmm 英会話」の画像検索結果

次に紹介するのがDMM英会話です。DMM英会話は試験対策ではなく、英会話のサービスのイメージが強いのですが、実はIELTS特化のプランも提供しています。

「Cambridge Guide to IELTS™ (公式ケンブリッジIELTSガイド)」というテキストを中心に、DMM英会話の講師と試験対策を進めていきます。

内容やクオリティとしてはMytutorと近いのですが、内容がスピーキングに特化いた内容で、自分は一番ライティングのスコアを伸ばしたかったので、Mytutorを使って学ぶことにしました。

スピーキングだけの教材数でいうとDMM英会話の方が多いので、もし、スピーキングに力を入れたいという人はDMM英会話を使ってみてもいいかもしれません。

費用はネイティブ講師の授業を受けられるネイティブプランが月15,800で、ネイティブ以外の授業を受けられるスタンダードプランが5500円です。

毎日受講出来るので、毎日受けた場合、1レッスンあたりネイティブプランでも500円ほどで受けることができます。MytutorやMAEとは違い、回数制ではなく、月額制なので、毎日受講して徹底的に学びたいという人にオススメです。

スタンダードプランはそこまで講師の質が高くなくて、実際受けても自分(TOEIC900前後)の方が英語が出来るのではないか?という人も少なくなかったので、IELTSプランを受講する場合はネイティブプランにすることをオススメします。

TOEICやIELTSのスコアがそこまで高くない人なら、一度スタンダードで初めてみて、満足行かなければアップグレードする形でも良いかもしれません。

http://www.dmm.com/pr/eikaiwa/compareaff/

 

TOEFL・IELTS対策人気ランキング

ランキング1位:MyTutor
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
 
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
 
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位:EF English Live
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
 
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング4位:Universal Speaking
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
 
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

ランキング5位
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
 
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

GMAT対策におすすめの人気記事