その他, 間違えやすい英単語

enoughの意味とニュアンス

enoughは「十分な」を意味する英単語で、何かの範囲に対して十分な量があるというニュアンスです。

たとえば、I had enough foodsの場合は、お腹のキャパシティに対して十分いっぱ ...

その他

Audibleとは?

AudibleとはAmazonが出しているオーディオブックアプリです。オーディオブックとは実際に販売している書籍を音声で読めるものです。分かりやすく一言でまとめると「聞く本」ですね。

日本語だけではなく ...

TOEIC

周りの音がTOEIC試験に与える影響

TOEICの試験で気になってしまうのが周りの音です。試験でハイスコアを取るためには集中することが大切ですが、周りのペンの音、紙の音、鼻を噛む音などで気が散ってしまい、中々集中出来ないという人も多いの ...

その他, 間違えやすい英単語

「make a racket」という英語表現

make a racketという英語表現を聞いた事がありますか?この表現は学校などで習うことは無いのですが、若者を中心によく使われるスラングです。たとえば、学校などでも、会話の中で出てくる事 ...

その他, 間違えやすい英単語

「nail it」という英語表現

nail itという英語を聞いて意味が分かりますか?nailと聞くと、「爪」を思い浮かべた人も多いと思います。この表現では、名詞としてのnailではなく、動詞として使われており、全く違う意味を表します。 ...

その他, 間違えやすい文法

「piece of cake」という表現

piece of cakeという表現をご存知ですか?

ほとんどの人が見たことも聞いたことも無いのではないでしょうか。しかし、このイディオム、スラングは海外で頻繁に使われる表現で、海外 ...

その他, 間違えやすい英単語

「Pain in the ass」という表現

若者が日常生活でよく使うスラングが「pain in the ass」です。汚い表現なので、ビジネスの場やフォーマルなシーンでは全く使われません。なので、学校などの教育の場で教えられることもな ...

間違えやすい英単語

「wing it」という英語スラング

ネイティブと会話していると「wing it」という表現に出くわす事があります。wing itは日常英会話や時にはビジネスでも使われる表現ですが、単語帳など受験で学ぶことはないため、聞いても意味が分か ...

ビジネス英語, 英語メール

「少々お待ちください」という英語表現

ビジネスの場や友人とのやりとりなどで、何かしらの回答や資料を待って貰うシーンは多くあります。そのような時に、日本語だと「少々お待ち下さい」という風に表現されますが、これは英語だとどのように表現される ...

ビジネス英語, 英語メール

「放念下さい」というビジネス表現

何かしらの送ったメールの内容や伝えた内容を無しにするために使う「放念下さい」という英語はどのように表現するのでしょうか?

既に伝えた内容をなしにするための内容なので、正しく伝えられなければ、 ...