「度々すみません」は英語でどう表現する?ビジネスや日常生活で使える英語9選

2020年1月28日

「度々すみません」という英語表現

海外の人と仕事や会話をしていると、止むを得ず、同じ事を何度もお願いしていまう。または五月雨に何かを依頼せざるを得ないケースが出てきます。

そのような時に気遣う言葉をなしに質問や依頼をしていると、相手との関係性が悪くなってしまい、悪い印象を与えてしまいます。

そのような時に日本だと「度々 すみません」「五月雨にすみません」といったように気遣いをする表現を入れますが、英語だと、どのような表現を入れるのが良いのでしょうか?

今日はビジネスシーンや私生活で使われる、思いやりや気遣いを伝える英語表現を紹介していきます。

Sorryを使った表現

SorryはI’m sorry(申し訳ありません。)という表現でも使うように「気の毒に思う」という英単語です。度々依頼をしたりメールをすることを気の毒に思っているということをこの単語で伝えます。

Sorry to bother you again.

Sorryと、bother(迷惑をかける)を組み合わせることで「また、迷惑をかけてごめんね!」という表現です。

I’m sorry to bother you over and over. 

sorry to bother you again.と似ていますが、この表現ではagain(もう一度)ではなくover and over(何度も)が使われているので、二度に限らず何度もしている場合はこの表現がオススメです。

I’m sorry to ask you many times about —. 

ask(依頼する)を使った表現で、何度も依頼をしたことに対して気の毒に思う表現です。aboutの後に何についてなのかを書いて下さい。たとえば、依頼を沢山した場合はI’m sorry to ask you many times about requestsというように表現出来ます。

Sorry for taking your time again.

take your time(時間を割いてもらう)という表現を使って、また時間を割いてもらってすみませんという意味を表します。

Sorry for repeatedly asking you questions.

repeatedly(何度も)とask a question(質問する)を組み合わせて、何度も質問して申し訳ないです。と表現します。Sorry for repeatedly sending many

I’m really sorry, but can I ~ again?

「I’m really sorry(申し訳ないです)」と話した上で「can I -?」と、再度何かをすることを依頼する表現です。たとえば、can I ask a question again?(もう一度聞いても良いですか?)やcan I request a proposal again?(もう一度提案をもらってもいいですか?)というように使われます。

I am sorry for taking up much time.

take up time(時間を割く)を使って「沢山時間を割いてもらって申し訳ありません」と表現します。

Apologizeを使った表現

I apologize for my frequent requests (emails).

I apologize for bombarding you with questions.

I apologize for keep asking but …

Apologies for lots of questions. 

I apologise for loads of questions 

その他の表現

Please bear with my asking so many times but… 

I don’t mean to bother you with many questions. 

Pardon the barrage of questions. 

最後に

いかがでしたか?

思ったより色々な表現があって驚いた人も多いのではないでしょうか?

思いやりや気遣いを英語でも伝えるようになり、1レベル上の英語能力を身につけましょう。そうすることで、言語だけではなく、グローバルコミュニケーションの力を高めることが出来ます。

頑張って下さいね。